コンテンツ本文へスキップ
プリローダーイメージ
スマートフォンサイトはこちら

薬剤師会のご案内

秩父郡市に在住もしくは勤務する薬剤師が会員として所属しており、様々な学術活動や地域活動を行っています。

コンテンツタイトル下地

活動内容

会営薬局の運営(4店舗および管理部)。薬学生の実務実習研修の受入。保健センターまつりブース出店。献血会。秩父郡市内学校プール水の検査。学校環境衛生検査。学校給食調理場の衛生検査。薬物乱用防止教室&講習。ドーピング防止活動。医療関係機関との協力・連携。会員薬剤師のための研修会企画。会員間の連絡・調整。

組織

  • 会長(1名)
  • 副会長(4名)
  • 理事(9名)
  • 会計(1名)
  • 監事(2名)

沿革

秩父郡市薬剤師会は四方を山に囲まれた秩父盆地のほぼ中央に拠点を構え、会員37名が日夜研さんに励んでいます。 また、会営薬局4店舗と管理部を運営し、地域医療への貢献と会員の薬局業務のサポートを行っています。会営薬局の中の寺尾薬局は基幹調剤薬局にも指定され、各店舗は薬学生の研修受け入れも行っています。

会長挨拶

会長 四方田 真一

会長 四方田 真一

秩父郡市薬剤師会のホームページをご覧いただきありがとうございます。

当会は、地域の皆様が安心して、安全に医薬品を使用できるよう努力をし、社会に貢献していきたいと考えています。会員は薬の専門家として、保険調剤、医薬品の供給、在宅医療、公衆衛生向上のための業務など、地域の皆様の健康な生活のお手伝いをさせていただいております。

また、2025年頃までには、団塊の世代が後期高齢者に達することにより、介護や医療などの需要の急増が懸念され、地域包括ケアシステムを整備することが求められております。特に秩父地域は早いスピードで高齢化が進んでおりますので、他職種と連携を密にして、在宅医療などを積極的に行ってまいります。

薬局・薬剤師は、地域の方が気軽に健康相談できる場所として、また医薬品の専門家として、「かかりつけ薬局」、「かかりつけ薬剤師」を目指し、日々研鑽に努めています。さらに、次世代を担う薬剤師育成のため、薬学生の実務実習の受け入れにも力を注いでおります。

そのほかにも、学校薬剤師として児童生徒等の心身の健康保持増進対策や危険ドラッグ対策などの社会的貢献事業にも積極的に取り組んでおります。

薬剤師という職能を発揮し、地域の皆さまの健康が保たれるよう努力してまいりますので、今後とも関係各位のご理解とご協力を何卒よろしくお願い申し上げます。

お問合せ

秩父郡市薬剤師会に関するお問合せは、お問合せページをご覧下さい。

お問合せはこちらから

コンテンツ本文の先頭へ戻る ページの先頭へ戻る
コンテンツ本文の先頭へ戻る ページの先頭へ戻る